イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

東京

 

 

2017年 12月の日記。


★1日目

新宿駅に着いた。近々大学院を卒業する友達のバサラと会うため、時間潰しに、新宿二丁目タリーズへ。コーヒーをすすりながら、どこで呑もうか考えて過ごした。

 


バサラと合流。新宿御苑近くのBARで過ごすことにした。ラクダバという店。そこでの話のメインは、バサラがつくっているゲームの話。シナリオや設定を聞いたら、かなり良い感じだった。20代半ばにもなってゲーム制作の話をして、主人公が紅い眼の力で高速移動の能力を使って妖怪や能力者と闘う…そんな話をしている自分たちを客観的に考えると、可笑しくて笑けてくる。ただ、15才から20才までそいつと一緒に寮で過ごして夜遅くまでバカみたいな話をしていた当時を思い出して、そういうことを今もできる関係が続いていることが、とても素敵で嬉しいことに思う。ゲームの話は4時間くらいしていた。そして予約していたホテルのチェックイン時刻は余裕で超えていた。

 


仕事の関係で一緒に遊べなかった、友達のデュエルの家に、バサラと一緒に行った。遅くまで仕事していた彼もまた、学生時代にずっと寮生活を共にした仲間。今度は一緒に呑もうと約束し、チェックインの時刻を余裕で過ぎたホテルに謝りの電話を入れ、友達と別れた。明日は何をしようかと考えながら、夜の新宿を一人歩いた。

 

 

 


★2日目

歌舞伎町のホテルで宿泊し起床。朝食に立ち寄ったケンタッキーで新宿2丁目の方々と居合わせたのだけど、わりと店内で騒いでいたので気分が悪くなった。気分を晴らすために、新宿御苑を散歩した。この日は良く晴れていて、気分が良くなった。

 


新宿バルト9で「仮面ライダーエグゼイド・アナザーエンディング  第一部」を鑑賞。全三部作。元々Vシネマだけど2週間限定で劇場公開している作品。観ていて思った。やっぱり自分は仮面ライダーが好きだ。仮面ライダーエグゼイドが大好きだ。好きなものに触れている時間は、なんとも心地よい。

 


映画が終わり、バサラに会いにいく。昼間まで寝ているこいつに、道中で見つけたパン屋で買ったチーズパンを持っていった。喜ばれた。

 


その後、一緒にラーメン食べて、彼が在籍している大学のキャンパスへ。キャンパスの会議室の一室で、制作ゲーム談義に花を咲かす。大学のキャンパスで、授業でなく趣味のゲーム制作の話をしているのが、最高にファンキーだと思った。シナリオの会話パートを二人で音読していたら、会議室の様子を見に来た院生の女の子に、ばっちり聞かれたし目があった。これには、わろた。

 


ゲームの話してたら疲れた。バサラと別れ、僕は渋谷へ足を運んだ。中学の友達が渋谷で働いているのだ。いまも年に数回会っている数少ない友達の一人。渋谷で合流からの、下北沢で寿司を食らい、明大前でシーシャを吸う。

 


ひたすら充実した1日だった。明日は中学の友達が3人集い、池袋へいくことになっている。それを楽しみに床に着いた。

 

 

 


★3日目

泊めさせてもらった中学の友達のウチを出た。明大前は学生街で、各種チェーン店、パン屋、カフェがいくつかあり、朝食の選択肢には困らない。フレンテ明大前のワイアードカフェで、固く揚げたポテトに甘いソースがかけられた料理を食べた。上にのったバニラアイスが嬉しい。これはおいしかった。東京にいる間、ほぼ男友達と一緒にいたので、こういうの食べれる時間は貴重。

 


その後、仮面ライダーエグゼイド劇場版・アナザーエンディング 第2部を観に、品川へ。映画を観るためだけに行った。映画は最高だった。映画館は、品川プリンスホテルと直結していて、アクセスが良いな と思った。

 


午後は池袋へ。中学の友達3人が揃うまでブラブラ。途中で友達の一人からLINE。

「池袋のLOFTで、ポプテピピックの着ぐるみと写真撮れるよ、早く来なよ!!」とのこと。

 


サンシャインシティにいた僕は、行くしかねェ!!と思い、池袋駅前までダッシュ。駅前のLOFTに入るが、ポプテピピックの気配がしない。どこにいるんだ、ポプ子、ピピ美… 会いたくて震える…。そしたら友達からまたLINE。

 


「ごめん、、LOFTじゃなくてハンズだったわw」

 


ハンズはサンシャインシティにある。無駄足乙でした。こうして僕は、またサンシャインシティへ向かった。

 


ポプテピピックのポップアップストアでグッズを買い込んだら集合時刻になった。とりあえず3人でラーメン。麺処花田の味噌ラーメンは、人生で食べた味噌ラーメンの中でトップクラスに美味しかった。野菜とニンニク増しが出来るという、味噌なのに二郎のようなオリジナリティー

 


その後は、池袋のタイムズスパレスタで風呂はいって呑んで鍋食べた。一緒に風呂はいった友達の指には指輪がはめてある。そう、彼には既に奥さんがいる。奥さんは長野にいて、近々東京に呼んで同棲を始めるとのこと。そんな中でも、こうして自分らと過ごしてくれることが、本当に嬉しく思う。

 


夜になった。カラオケで1時間歌った後、友達と別れ、自分は上野へ。とうとう長野へ帰る時間がやってきた。

 

新幹線に乗り、3日間のことを思い出して、自分は友達に恵まれていることを改めて感じることができた。自分は話も面白くなければパッとしないヤツだと常々思っているんだけど、今でも中学や高専の友達と会える関係を続けることができている。

 


友達にまじ感謝を忘れずに、

これからも過ごそうと思う。

わたなべのこぼれ話 その1

絶対的に言わない方が良いと思うのですが、内田理央さんの写真集を買いました。僕と同い年の女優さんで、スラッとした感じで可愛らしく、凛々しさもあります。

 

同じ人類なのかな?と思ってしまいますが、漫画やアニメが好きだったり、SNSで気取りすぎない感じや親しみやすい感じに、好感が持てます。

 

仮面ライダードライブを丸一年観て、それ以降ずっと応援しています。内田理央さんと同じ人間として、わたなべも頑張ります。

 

写真集読んで、筋トレに励みます。

 

最近の近況:

パーマかけました。

保育園からの友達と、これからご飯です。

僕らの話 その7

f:id:usk_B:20181103100914j:image

 

僕らのいた学校は10月に学園祭がある。学校は工業系のほぼ大学みたいなもの(隠す必要がないので言うと高専)で、スケールのでかい企画や制作物を体験できるのが学園祭である。スケールのでかさと学生のイキイキした姿に惹かれ、自分は高専を進路にしたようなものだ。

 


そして我々NOZOKI部も、一年生の秋、学園祭でスケールのでかいことをした。学園祭で1発の打ち上げ花火を上げたのだ。今回の話は、我々が打ち上げた花火と学園祭にまつわる話である。

 


「なぁ、俺らで金だして、花火をあげてみないか?」寮の食堂で飯をともにしていたバサラが口にした。

 


「どうせなら面白いメッセージを添えようぜ!」七味とマヨネーズが大量にかかっている白飯をかきこみながら、デュエルが提案をした。

 


僕らはみんな賛成し、学園祭最終日に、花火をあげることになった。

 


学園祭のフィナーレは、敷地内のグラウンドで花火があがり、松本ぼんぼんを学生全員で踊って、〆という流れである。花火は有志が資金を出し合って打ち上げるもので、メッセージを事前に学園祭実行委員に提出すると、アナウンス係のおねーさんが読んでくれることになっている。これに応募することにした。

 


飯を食べながら、メッセージをみんなで考え、学園祭実行委員に提出した。はじめに提出したメッセージは、いまとなっては、本当に全く思いだせないけど、とんでもないドシモネタだった。

 


後日、学園祭実行委員会から返答がきた。

「こういったメッセージは、おやめください」というものだった。

 


「チッ 頭のかてー奴らだぜ」コーラが舌を打った。

 


仕方なく、我々は、シモネタのシモ度を下げたメッセージを提出した。

 


学園祭実行委員会は、それでも却下してきた。「こういった卑猥なメッセージは読み上げかねます。」という返事と共に。やんわりと最初は断ってきたけど、今度は、シモネタはやめろ とストレートに言ってきたのだ。

 


「社会性のあるメッセージにしないか?」とミリオンが提案してきた。しかし、それでは、意味がないのだ。我々の魂を学生全員に見せつけたい。インパクトを与えたい。とはいえ採用されなければどうしようもないため、ミリオンの提案も若干踏まえつつ、我々はメッセージを考え直し、学園祭実行委員会に提出した。

 


後日、、

メッセージがやっと採用された。

 


それ以降は、クラス展示の準備に励んだり、部活動の出し物の準備をしたり、NOZOKI部メンバーが各自それぞれの過ごし方をして、時間が過ぎていった。

 


そして、いよいよ学園祭のフィナーレ、学園祭最終日。夜の18時を過ぎた。寮でいつものように食事をしていると、わりと近くにあるグランドから、アナウンスのお姉さんがなにやら喋っている声が、スピーカーを通して聞こえてきた。

 


デュエル「やべぇ‼︎ 花火はじまっちまうぞ!」

バサラ「いくぜ!俺らの見せ場だ‼︎」

 


急いで飯をかきこみ、グラウンドへダッシュ

走りながら、バサラが口にした。

 

 


「俺たちの… 魂を 見せつけてやるッ‼︎」

 

 


花火をあげる有志の、ほぼ100パーセントは、クラス全員での思い出づくりとして、お金を出し合って花火を打ち上げる。卒業を控えた5年生や、専攻科生が中心だ。ハンパなく豪勢に何発も打ち上げる。バイト代 × クラスの人数 × 団結力 のパワー(財力)がある。

 


しかし僕らは違う。僅かな小遣いを出し合い、自分達の満足のためだけに、一発の花火を学生全員の前で打ち上げるのだ。学生全員に何の意味もなく、自分たちだけに意味がある花火を。こんなに尖りまくった集団が他にあるだろうか。

 


尖りまくってて最高だなと思いながら、ダッシュして、グラウンドに到着した。たくさんの人たちがいた。学園祭最終日ということもあり、集っている人たちは皆、気分が高まっているようだった。

 


そして、いよいよ花火が始まった。

「学園祭お疲れ様!うぇい‼︎」

「卒業まで、あと少し、よろしく!」

みたいなメッセージの後に、何発もの花火が夜空に打ち上げられた。

 

そして、いよいよNOZOKI部の出番。

アナウンス係のおねーさんが僕らの名を読み上げる。

おねーさん「続いての花火は、NOZOKI部です」

僕ら「くるぞッ…ナレーション…!!」

 

 

 『 俺たちの 魂 を見てくれ!! 』

『 STOP!! 少子化!! 』

 

 

 

さんざん再提出を食らわされたナレーションが響く。その後に夜空へ打ち上げられた一発の花火。花火は儚く散っていった。

 

グラウンドに集っている学生は「え…今のなに…」「NOZOKI部ってなんだ…」といった感じで、 少しざわついているように見えた。当然の反応だ。だが、これで良かった。僕らの自己満足を学生全員に示すことができた。

 

その後、他の団体の花火が華やかに夜空を彩り、花火の後は、学生全員でグラウンド中央の櫓を囲い、松本ぼんぼんを踊った。

 

ひとしきり踊った後、「学園祭はこれにて終了となります。」「おつかれさまでした。」アナウンスのお姉さんがそう話し、学園祭は幕を閉じた。

 

 

僕 「いやー 花火よかったな。」

バサラ 「…….。」

デュエル 「おい、どうした?」

 

 

バサラ

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

 

バサラは走った。すごい勢いでグラウンドから出ていった。

 

一同「おいまてよ!!」

 

バサラは大声で叫び、勢いをつけながら校門を飛び出していった。そして何にもない一本道を全速力で走って行った。僕らは必死でバサラを追いかけていったが、バサラの姿はどんどん見えなくなっていった。それほどの勢いで駆け抜けていったのだ。

 

「バサラ!! おい!! どこいくんだよ!!」

声が届いたか、届いていないのか。バサラは走るのをやめなかった。声が届いていたとしても、あいつは走るのをやめなかったと思う。グワーッと内から出る熱を止めることができなかったんだろう。なにかやってやる、そんな気持ちを、止めることができなかったんだろう。そんな勢いは、誰にも止められない。

 

バサラを追いかけた僕の足は遅くて、バサラには追いつかなかった。それに少し寂しさを感じたけど、これからバサラとNOZOKI部が進む道に期待を抱いた。胸が踊った。走って心拍数が上がっただけかもしれないけど。

 

 

あの日打ち上げた花火のメッセージ。

「俺たちの魂」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

「STOP少子化」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

あの日打ち上げた花火の元ネタを、

僕たちはもう忘れてしまった。

 

 

それでも、

 

誰よりも尖っていて

勢いがあった日々のことを、

あの日、走った時の感情を、

 

今でも鮮明に覚えている。

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

f:id:usk_B:20181103102419j:image

 

f:id:usk_B:20181103102423j:image

 

f:id:usk_B:20181103102431j:image

 

f:id:usk_B:20181103102441j:image

 

f:id:usk_B:20181103102455j:image

 

f:id:usk_B:20181103102437j:image

 

研究室で作った映画泥棒マスク。それを被る僕。現代視覚文化研究会の展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、いったん、僕らの話、最終回です。次は「僕と僕らの話」「僕の話」というものを書きたいと思っています。ではまた。

 

 

 

大雨の中で地元帰ろうとしたら、見知らぬ地に来てしまった話。

学生時代のはなし。

 

昔のはなしを思い出したんだけど、高専生の頃に、大雨と雷が尋常じゃない日があって、長野高専の敷地が一部浸水した日があったんだ。その日は帰省する予定で、三才駅に行った。駅には電車が来なくて、足止めをくらった人でいっぱい。大泣きしている女子高生までいた。


んで、やっと来た電車に乗ったら、上越方面じゃなく、変なとこへ行く電車だった。気づいて降りたときには、もう夜。真っ暗。しかも無人駅。なす術がない俺は、歩くしかなかった。街灯の光がさすほうに向かって…


歩いた先には、ガソリンスタンドがあった。というかそれ以外の建物なんて無かった。ここで雨宿りして、親に車で迎えにきてもらおうと考えた俺は、店内へ。中には女性店員が一人。事情を伝えると、好きなだけいていいという言葉と、温かいコーヒーを差し出してくれた。コーヒーを飲みつつ、漫画のホットマンを読んで過ごした。3時間したかしないかで親が迎えにきた。


ガソスタから地元に帰る頃には、22時。その間まで店を閉めずに店内で俺を休ませてくれたのって、めちゃすごいことだと思う。店員さん優しかった。

 

久々に、この日のこと思い出した。大雨で地元帰ろうとしたら、見知らぬ地に来てしまった話、おわり。

僕らの話 その6

f:id:usk_B:20181020174838j:image

 

ショッカーとの出会いは、バサラのある一言から始まった。

 

「自転車を視姦しているヤツがいるぞ!」

今後の人生で耳にすることが二度とないであろうパワーワードに興味を惹かれ、話をしたのがきっかけで、今でも遊ぶ仲となった。

 

実際のところ、視姦していたのかどうかは、分からない。独特のやさしい眼差しが特徴である彼の目線の先に、たまたま自転車があっただけかもしれない。その件をいじりすぎるとヘッドロックをかまされたので、本当に視姦していたのかもしれない。真意は謎に包まれている。

 

 

ショッカーはNOZOKI部イチの優しい男である。人の悪口を言ったり、バカにしているところは、知り合って10年以上経った今でも見たことがない。

 

寮には給湯室という部屋があり、簡単な調理ができるようになっている。ショッカーは、給湯室でおもむろにパスタを作り始める男であった。「おいしそうな匂いさせてんじゃねーか」と僕が絡みにいくと、毎回パスタを味見させてくれた。そのパスタのあたたかさを今でも僕は覚えている。

 

 

寮に入った最初の年は、2人部屋で過ごす決まりとなっている。ショッカーの相方、タッキーという男も、優しい人物である。ほんわかした雰囲気が特徴の彼である。しかし、初めてショッカーとタッキーの部屋に遊びにいったとき、タッキーの狂気を感じた。

 

タッキーのベッドの周りは、ダンボールで覆われた空間となっていた。ダンボールには、「要塞」「我の眠りを妨げるな」とマジックで書かれていた。ダンボールで作られた要塞の中に、ベッドがあった。

 

そう。ショッカーはいびきをするのだ。仕方ないことだと思うが、タッキー的にはアウトだったのかもしれない。しかし2人は基本仲が良かったということは補足しておく。仲良く過ごすためのタッキーなりの発明が、要塞だったのかもしれない。

 

 

高学年になると、二人部屋ではなく、一人一部屋与えられる。ショッカーが一人部屋になってからは、今までより遊戯王で一緒に遊ぶ機会が増えた。ショッカーは「魔法使い族」の使い手である。切り札はフィールド魔法「魔法使い族の里」。このカードは、プレイヤーが魔法使い族をフィールド上に出している間、相手プレイヤーは魔法カードを発動できないという効果を持っている。このカードをデッキに組み込んでからのショッカーは、強かった。ショッカーはバトルに勝つたび、自信をつけていった。

 

ある日、僕とデュエルが、ブラックマジシャンデッキの構築について語っていると、ショッカーが自信たっぷりに口を開いた。

 

「まぁ、マジシャン使いの俺から言わせると…」 

 

メガネをクイッと指で押し上げ、自信たっぷりに口を開いた。

 

NOZOKI部の語り草。「マジシャン使いのショッカー」が誕生した瞬間であった。

 

 

 

遊戯王以外の話をすると、ショッカーは学生会の新企画「学生会ネットラジオの発起人である。学生会長となったバサラや、他の学生会メンバーが、日常的な話をする番組だ。こんな企画を発想できる彼は、素直にすごいと思う。「まぁ、学生会ネットラジオ発起人の俺から言わせると…」という台詞は、言っていなかったので、安心して欲しい。

 

忘れられないのが、学園祭の夜に流した動画だ。バサラは動画制作が趣味で、学園祭で学生全員を相手に、体育館のステージ上にある巨大なスクリーンに、自身が制作した動画を上映した。その内の一本が、学生会ネットラジオのCMである。

 

スクリーンにでかでかとショッカーの姿が映しだされ、右手に持ったチュッパチャップスを「サッ サッ サッ」と三回かっこよくかざし、口元へ持っていく。右手に持ったそれを、いやらしくショッカーが舐め、すごい勢いでジュポンジュポンする。最後にテロップで、「こんな人が学生会ネットラジオをつくっています」と表示される。という内容であった。

 

僕としては面白かったし、友達がスクリーンに映っていたから、一層楽しめた。体育館に集った全校生徒からも笑いが起きた。しかし、女子学生は違うようで。僕の隣に座っていた子たちが「ひゃあ〜…」と小さい声を出し、ガチトーンでひいていたのは、今でも忘れられない。

 

ショッカーは、僕にパスタをおすそわけしてくれたり、バサラの動画企画を引き受けてくれたり、冒頭にも書いたが優しい男である。彼がいるからNOZOKI部が成り立っているようなところも、多少はあると思っている。

 

ショッカーとのエピソードは数が多いため、今回の記事にまとめさせてもらった。いかがだったろうか。僕にとっては全て楽しい思い出として記憶されている。

 

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

今日のおまけ

 

f:id:usk_B:20181020174006j:image

宝くじを買うショッカー

 

f:id:usk_B:20181020174026j:image

自宅に遊びにきた2人。スマブラに負けた罰ゲームで変顔をするミリオンと、後ろにひょっこりショッカー。

 

第7話へのリンク⬇︎

http://yellow-ukikey.hatenablog.com/entry/2018/11/03/101313

 

最近書いたおススメ記事

http://yellow-ukikey.hatenablog.com/entry/2018/10/16/195247

 

 

僕らの話 その5

f:id:usk_B:20181011234358j:image

 

僕らがいた寮には談話室という部屋があった。そこはテレビが一台置いてあり、それを囲むようにソファがいくつか置いてあるほか、みんなで勉強したりできる大きな机がある。

 

僕らはこんな感じで使っていた。

 

①メンバー(主にバサラ)と女子バレーを見て、試合鑑賞を楽しむのではなく、「あの選手可愛い」などと女子選手鑑賞を楽しみ、好きな女の子のタイプを語り合う。

 

②プログラミング、レポート作成、テスト勉強など。バサラと自分は高専2年の頃に「現代視覚文化研究会」という同好会に入った。その年の学園祭でゲームを製作し販売することになったが、学園祭前日くらいまでプログラミングを行う、通称「げんしけんデスマーチ」が談話室で朝まで繰り広げられた。この件については、また別に記事を書きたいと思っている。

 

仮面ライダー鑑賞

日曜朝7時過ぎに起き、8時に談話室へ集合。

そしてみんなで仮面ライダーを観る。

 

遊戯王

これが談話室の使い方のメインだった。僕やデュエルは遊戯王を良くやっていた。「おい、デュエルしようぜ」が僕らの合言葉だ。

 

NOZOKI部以外の寮生とも、ここでたくさん遊戯王をやった。

 

おたくクイズの覇者・チャンプ

研究によって生まれた究極生命体・コリキ

新潟からやってきたナイスな男・ヨッシー

 

いろんなデュエリストと絆を深めた。

僕が一番遊戯王をやったのは誰だろう…と振り返ると、真っ先に思い浮かぶ人物がいた。そいつは、これから語るNOZOKI部のメンバー「ショッカー」だろう。

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

次回、

      僕らの話6・ショッカーという男

 

 お楽しみに。

 

第6話へのリンク

yellow-ukikey.hatenablog.com