イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

夜勤明けにぶらり散歩した話。

僕は月の半分くらいは夜勤をしている。

 

夜勤の休憩中は、仕事が終わったらどう過ごすかを考えるのが、僕の習慣である。昨日は、仕事終わったら速攻で銭湯にいって仮眠をとり、仮眠を終えたら夜に駅前に繰り出そう。そんなことを企てた。

 

そして、いつもながらに仕事を終え外に出て、さぁてとりあえずコンビニでご飯買おうかな〜と思って会社を出たところ、日差しが強いことに気づいた。空を見上げると真っ青。ものすっごく外が晴れていたのだ。

 

そこで夜勤中に企てた計画は捨て、散歩をすることにした。考えるよりも先に、身体が散歩をしたいという感じで動き出した。足がどんどん進む。善光寺まで行こうかなとも考えていたが、歩くうちにもっと散歩を楽しみたいと思い、まっすぐ善光寺にいくのではなく、だいぶ遠回りしながら善光寺に行くことにした。

 

この選択は正解だったようだ。行ったことのないパン屋さん、営業の準備を始める八百屋さんなど、街で暮らす人たちの生活を、普段通らない道を通ることで見ることができた。僕がいる会社は駅前であり、ビルが立ち並び、人の生活を感じられないような街並みが続いているので、こういった景色が目新しい。

 

気ままに歩きながら、善光寺方面に足を運ぶ。

街にある面白みのある看板を発見するのが趣味である僕は、今回も素敵な看板を見つけてしまった。

 

・ラーメン屋みたいな名前の理髪店「大盛軒」

・その近くにあった強そうな名前の店「龍 スナック」 

 

こんな看板が目に入り、ひとりニヤニヤする。

ニヤニヤしながら看板をまじまじみている僕のそばに、サングラスをかけハットをかぶったイカしたお爺さんが、パイプを口に入れ佇んでいた。

 

そしてお爺さんは僕に声をかけてきた。

 

お爺さん「この匂い、臭うかな?」

 

咄嗟のセリフに驚く僕。鼻をひくひくと動かすと、なんだか甘い匂いが、かすかにした。それほど嫌な匂いではない。

 

「いやー そんな臭いませんよ」

 

お爺さん「そっかー いやー女の子は、この匂い好きって言ってくるのよ。バニラの匂いなんだよね。女の子ウケがいいんだよ」

 

「なるほど なるほど」

 

お爺さん「ありがとね 話してくれて」 ←謎

 

「いえいえ、それでは」

 

 

よくわからないが、とりあえずお爺さんの性欲は衰えていないことだけはわかった。そしてさらに足を進める。そして善光寺にたどり着いた。

 

帰ろうかとも思い腕時計を見ると11時。ハッとした僕は近くにある古本屋「大福屋」に足を運ぶことにした。この店は11時から豚カツ屋になるのだ。※よくわからない人は各自調べてみてほしい。

twitter.com

 

 

大福屋には何回か足を運んでいるが、休日になかなか善光寺まで足を運ばない僕にとって、この時間に善光寺付近にいることはレアなことだ。そして前々から、ここのカツを食べてみたかった。

 

大福屋に入ると店主の望月さんがいた。「お久しぶりです。今日はカツ食べに来たんですよ。前から食べてみたくて。」そんな言葉が自分の口から自然に出て来た。

 

2階にあがり、僕はチキンカツ定食を注文した(豚カツやないんかーい という突っ込みはナシにしてほしい、体重がやばいので、せめてもの、なんかアレなのだ。そしてチキンカツも本当に食べたかった)。

 

待っている間、お茶をいただき、店内に置いてあった「ちびまる子ちゃん」を読む。まったりと過ごした。

 

「お待たせしました」という言葉とともに、チキンカツ定食が運ばれて来た。とても美味しかった。ザクザクとした衣というよりか、いい意味でほんのりザクっと、そしてしっとりとした感じのあるチキンカツ。くせになりそうだ。ご飯も味噌汁も美味しい。夏にNOZOKI部(学生時代の友人グループ名)の一員であるショッカーと大福屋に行ったとき、ショッカーが「すみません、おかわりいただいていいっすか…」と言ったことを思い出した。今度は彼にカツも食べてもらいたい。

 

食事と会計を済ますと、カツを揚げる高野さんという男性の方が

「ありがとうございました。よい1日をお過ごしください。」

という言葉をかけてくれた。素敵な言葉に嬉しくなり、僕は夜勤でもうじき家に帰って寝るのだが、なんだか心が暖かくなり元気が湧いた。おいしいカツのおかげもあるのだろう。

 

帰りはバスに乗り駅前へ。途中で西友で買い物をしようと駅の一個前のバス停で降りた。うっかりしていた。もう西友は閉店していた。そしてブックオフで目についた本を500円分くらい購入し、駅近くの駐輪場で自転車に乗り、自宅へ帰ろうと思ったところ、会社の先輩と遭遇した。

 

「…おぅ、なにしてんの?」

時計を見ると12時50分頃、会社の昼休みが終わる時間だった。

 

「夜勤終わって、善光寺までぶらぶら散歩して、帰ってきたとこです。なんだか充実してました。いやーよかった。」

そんな言葉が口からでた。

 

先輩は何がなんだかわからなそうな、善光寺まで散歩して何が楽しいんだという顔をしていたが、僕は楽しかったのだ。楽しい気分のまま、自宅へ自転車で帰り、ベットへダイブ。そして夜の0時くらいに目が覚め、そして今に至る AM8:00。

 

ワクテカナガノとはなんなのか

 

長野には今やたくさんのWEBメディアがあります。その括りにワクテカナガノは属していません。メディアを運営しているつもりはなく、そういった土俵に立とうは思っていません。ワクテカナガノを例えるなら、掲示です。町内や学校の中にある掲示板。誰でも(今のところは自分の知人だけですが)情報を自由に掲載できます。僕に声をかけていただければ。

 

ワクテカナガノは、自分がやっている活動の周知、ワクワクするような情報の発信の場として、使うことができます。みんなが見える場所に、複数人が情報を掲載できる場所です。

 

僕はこのワクテカナガノを「情報発信活動をしている」というように言いたくありません。僕がやったことは、みんなが使える掲示板を、インターネット上に作っただけです。利益を求めたり、何らかの目的を果たすために頑張って活動をしている訳ではありません。なんとなーく、掲示板をつくっただけです。

 

この場所を使ってくれる、自分の周りの人が、もう少し増えてくれたら嬉しいな とは思っています。そして「あんな場所に掲示板あるらしいぜ!! オラ、ワクテカすっぞ!!」って周りの数人に知らせてくれたら、この場所を作った甲斐があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか読み返してみたら、掲示板の話してんのかオメェはって感じの文章になってしまったんだけど、FBページの話です。よろしくおねがいします。

 

管理者権限あげます。

 f:id:usk_B:20181121141139j:image

 

自分が管理者やめるわけではないですが、ワクテカナガノのFBページを活用してみたい方がいたら、管理者権限をあげます。自由に投稿して良いので。

 


対象者

・長野にいる

・FB上で自分の友達である

 


用途

・個人の活動の周知 (例:創作活動、イベント、ブログ公開など、活動の周知を行う)

・なんか発信したい

 


理念

特になし。(自分が)ワクテカしたい&(誰かを)ワクテカさせたいという気持ちがあればOK

 


長野でなんかやってる人、やってるけど発表の場が少ないと感じている人を、僕は応援したいです。メッセンジャーでメッセージください。

 

「こんな使い方したいけどいいの?」という相談にも乗ります。

 

ワクテカナガノ・わたなべ

東京

 

 

2017年 12月の日記。


★1日目

新宿駅に着いた。近々大学院を卒業する友達のバサラと会うため、時間潰しに、新宿二丁目タリーズへ。コーヒーをすすりながら、どこで呑もうか考えて過ごした。

 


バサラと合流。新宿御苑近くのBARで過ごすことにした。ラクダバという店。そこでの話のメインは、バサラがつくっているゲームの話。シナリオや設定を聞いたら、かなり良い感じだった。20代半ばにもなってゲーム制作の話をして、主人公が紅い眼の力で高速移動の能力を使って妖怪や能力者と闘う…そんな話をしている自分たちを客観的に考えると、可笑しくて笑けてくる。ただ、15才から20才までそいつと一緒に寮で過ごして夜遅くまでバカみたいな話をしていた当時を思い出して、そういうことを今もできる関係が続いていることが、とても素敵で嬉しいことに思う。ゲームの話は4時間くらいしていた。そして予約していたホテルのチェックイン時刻は余裕で超えていた。

 


仕事の関係で一緒に遊べなかった、友達のデュエルの家に、バサラと一緒に行った。遅くまで仕事していた彼もまた、学生時代にずっと寮生活を共にした仲間。今度は一緒に呑もうと約束し、チェックインの時刻を余裕で過ぎたホテルに謝りの電話を入れ、友達と別れた。明日は何をしようかと考えながら、夜の新宿を一人歩いた。

 

 

 


★2日目

歌舞伎町のホテルで宿泊し起床。朝食に立ち寄ったケンタッキーで新宿2丁目の方々と居合わせたのだけど、わりと店内で騒いでいたので気分が悪くなった。気分を晴らすために、新宿御苑を散歩した。この日は良く晴れていて、気分が良くなった。

 


新宿バルト9で「仮面ライダーエグゼイド・アナザーエンディング  第一部」を鑑賞。全三部作。元々Vシネマだけど2週間限定で劇場公開している作品。観ていて思った。やっぱり自分は仮面ライダーが好きだ。仮面ライダーエグゼイドが大好きだ。好きなものに触れている時間は、なんとも心地よい。

 


映画が終わり、バサラに会いにいく。昼間まで寝ているこいつに、道中で見つけたパン屋で買ったチーズパンを持っていった。喜ばれた。

 


その後、一緒にラーメン食べて、彼が在籍している大学のキャンパスへ。キャンパスの会議室の一室で、制作ゲーム談義に花を咲かす。大学のキャンパスで、授業でなく趣味のゲーム制作の話をしているのが、最高にファンキーだと思った。シナリオの会話パートを二人で音読していたら、会議室の様子を見に来た院生の女の子に、ばっちり聞かれたし目があった。これには、わろた。

 


ゲームの話してたら疲れた。バサラと別れ、僕は渋谷へ足を運んだ。中学の友達が渋谷で働いているのだ。いまも年に数回会っている数少ない友達の一人。渋谷で合流からの、下北沢で寿司を食らい、明大前でシーシャを吸う。

 


ひたすら充実した1日だった。明日は中学の友達が3人集い、池袋へいくことになっている。それを楽しみに床に着いた。

 

 

 


★3日目

泊めさせてもらった中学の友達のウチを出た。明大前は学生街で、各種チェーン店、パン屋、カフェがいくつかあり、朝食の選択肢には困らない。フレンテ明大前のワイアードカフェで、固く揚げたポテトに甘いソースがかけられた料理を食べた。上にのったバニラアイスが嬉しい。これはおいしかった。東京にいる間、ほぼ男友達と一緒にいたので、こういうの食べれる時間は貴重。

 


その後、仮面ライダーエグゼイド劇場版・アナザーエンディング 第2部を観に、品川へ。映画を観るためだけに行った。映画は最高だった。映画館は、品川プリンスホテルと直結していて、アクセスが良いな と思った。

 


午後は池袋へ。中学の友達3人が揃うまでブラブラ。途中で友達の一人からLINE。

「池袋のLOFTで、ポプテピピックの着ぐるみと写真撮れるよ、早く来なよ!!」とのこと。

 


サンシャインシティにいた僕は、行くしかねェ!!と思い、池袋駅前までダッシュ。駅前のLOFTに入るが、ポプテピピックの気配がしない。どこにいるんだ、ポプ子、ピピ美… 会いたくて震える…。そしたら友達からまたLINE。

 


「ごめん、、LOFTじゃなくてハンズだったわw」

 


ハンズはサンシャインシティにある。無駄足乙でした。こうして僕は、またサンシャインシティへ向かった。

 


ポプテピピックのポップアップストアでグッズを買い込んだら集合時刻になった。とりあえず3人でラーメン。麺処花田の味噌ラーメンは、人生で食べた味噌ラーメンの中でトップクラスに美味しかった。野菜とニンニク増しが出来るという、味噌なのに二郎のようなオリジナリティー

 


その後は、池袋のタイムズスパレスタで風呂はいって呑んで鍋食べた。一緒に風呂はいった友達の指には指輪がはめてある。そう、彼には既に奥さんがいる。奥さんは長野にいて、近々東京に呼んで同棲を始めるとのこと。そんな中でも、こうして自分らと過ごしてくれることが、本当に嬉しく思う。

 


夜になった。カラオケで1時間歌った後、友達と別れ、自分は上野へ。とうとう長野へ帰る時間がやってきた。

 

新幹線に乗り、3日間のことを思い出して、自分は友達に恵まれていることを改めて感じることができた。自分は話も面白くなければパッとしないヤツだと常々思っているんだけど、今でも中学や高専の友達と会える関係を続けることができている。

 


友達にまじ感謝を忘れずに、

これからも過ごそうと思う。

わたなべのこぼれ話 その1

絶対的に言わない方が良いと思うのですが、内田理央さんの写真集を買いました。僕と同い年の女優さんで、スラッとした感じで可愛らしく、凛々しさもあります。

 

同じ人類なのかな?と思ってしまいますが、漫画やアニメが好きだったり、SNSで気取りすぎない感じや親しみやすい感じに、好感が持てます。

 

仮面ライダードライブを丸一年観て、それ以降ずっと応援しています。内田理央さんと同じ人間として、わたなべも頑張ります。

 

写真集読んで、筋トレに励みます。

 

最近の近況:

パーマかけました。

保育園からの友達と、これからご飯です。

僕らの話 その7

f:id:usk_B:20181103100914j:image

 

僕らのいた学校は10月に学園祭がある。学校は工業系のほぼ大学みたいなもの(隠す必要がないので言うと高専)で、スケールのでかい企画や制作物を体験できるのが学園祭である。スケールのでかさと学生のイキイキした姿に惹かれ、自分は高専を進路にしたようなものだ。

 


そして我々NOZOKI部も、一年生の秋、学園祭でスケールのでかいことをした。学園祭で1発の打ち上げ花火を上げたのだ。今回の話は、我々が打ち上げた花火と学園祭にまつわる話である。

 


「なぁ、俺らで金だして、花火をあげてみないか?」寮の食堂で飯をともにしていたバサラが口にした。

 


「どうせなら面白いメッセージを添えようぜ!」七味とマヨネーズが大量にかかっている白飯をかきこみながら、デュエルが提案をした。

 


僕らはみんな賛成し、学園祭最終日に、花火をあげることになった。

 


学園祭のフィナーレは、敷地内のグラウンドで花火があがり、松本ぼんぼんを学生全員で踊って、〆という流れである。花火は有志が資金を出し合って打ち上げるもので、メッセージを事前に学園祭実行委員に提出すると、アナウンス係のおねーさんが読んでくれることになっている。これに応募することにした。

 


飯を食べながら、メッセージをみんなで考え、学園祭実行委員に提出した。はじめに提出したメッセージは、いまとなっては、本当に全く思いだせないけど、とんでもないドシモネタだった。

 


後日、学園祭実行委員会から返答がきた。

「こういったメッセージは、おやめください」というものだった。

 


「チッ 頭のかてー奴らだぜ」コーラが舌を打った。

 


仕方なく、我々は、シモネタのシモ度を下げたメッセージを提出した。

 


学園祭実行委員会は、それでも却下してきた。「こういった卑猥なメッセージは読み上げかねます。」という返事と共に。やんわりと最初は断ってきたけど、今度は、シモネタはやめろ とストレートに言ってきたのだ。

 


「社会性のあるメッセージにしないか?」とミリオンが提案してきた。しかし、それでは、意味がないのだ。我々の魂を学生全員に見せつけたい。インパクトを与えたい。とはいえ採用されなければどうしようもないため、ミリオンの提案も若干踏まえつつ、我々はメッセージを考え直し、学園祭実行委員会に提出した。

 


後日、、

メッセージがやっと採用された。

 


それ以降は、クラス展示の準備に励んだり、部活動の出し物の準備をしたり、NOZOKI部メンバーが各自それぞれの過ごし方をして、時間が過ぎていった。

 


そして、いよいよ学園祭のフィナーレ、学園祭最終日。夜の18時を過ぎた。寮でいつものように食事をしていると、わりと近くにあるグランドから、アナウンスのお姉さんがなにやら喋っている声が、スピーカーを通して聞こえてきた。

 


デュエル「やべぇ‼︎ 花火はじまっちまうぞ!」

バサラ「いくぜ!俺らの見せ場だ‼︎」

 


急いで飯をかきこみ、グラウンドへダッシュ

走りながら、バサラが口にした。

 

 


「俺たちの… 魂を 見せつけてやるッ‼︎」

 

 


花火をあげる有志の、ほぼ100パーセントは、クラス全員での思い出づくりとして、お金を出し合って花火を打ち上げる。卒業を控えた5年生や、専攻科生が中心だ。ハンパなく豪勢に何発も打ち上げる。バイト代 × クラスの人数 × 団結力 のパワー(財力)がある。

 


しかし僕らは違う。僅かな小遣いを出し合い、自分達の満足のためだけに、一発の花火を学生全員の前で打ち上げるのだ。学生全員に何の意味もなく、自分たちだけに意味がある花火を。こんなに尖りまくった集団が他にあるだろうか。

 


尖りまくってて最高だなと思いながら、ダッシュして、グラウンドに到着した。たくさんの人たちがいた。学園祭最終日ということもあり、集っている人たちは皆、気分が高まっているようだった。

 


そして、いよいよ花火が始まった。

「学園祭お疲れ様!うぇい‼︎」

「卒業まで、あと少し、よろしく!」

みたいなメッセージの後に、何発もの花火が夜空に打ち上げられた。

 

そして、いよいよNOZOKI部の出番。

アナウンス係のおねーさんが僕らの名を読み上げる。

おねーさん「続いての花火は、NOZOKI部です」

僕ら「くるぞッ…ナレーション…!!」

 

 

 『 俺たちの 魂 を見てくれ!! 』

『 STOP!! 少子化!! 』

 

 

 

さんざん再提出を食らわされたナレーションが響く。その後に夜空へ打ち上げられた一発の花火。花火は儚く散っていった。

 

グラウンドに集っている学生は「え…今のなに…」「NOZOKI部ってなんだ…」といった感じで、 少しざわついているように見えた。当然の反応だ。だが、これで良かった。僕らの自己満足を学生全員に示すことができた。

 

その後、他の団体の花火が華やかに夜空を彩り、花火の後は、学生全員でグラウンド中央の櫓を囲い、松本ぼんぼんを踊った。

 

ひとしきり踊った後、「学園祭はこれにて終了となります。」「おつかれさまでした。」アナウンスのお姉さんがそう話し、学園祭は幕を閉じた。

 

 

僕 「いやー 花火よかったな。」

バサラ 「…….。」

デュエル 「おい、どうした?」

 

 

バサラ

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

 

バサラは走った。すごい勢いでグラウンドから出ていった。

 

一同「おいまてよ!!」

 

バサラは大声で叫び、勢いをつけながら校門を飛び出していった。そして何にもない一本道を全速力で走って行った。僕らは必死でバサラを追いかけていったが、バサラの姿はどんどん見えなくなっていった。それほどの勢いで駆け抜けていったのだ。

 

「バサラ!! おい!! どこいくんだよ!!」

声が届いたか、届いていないのか。バサラは走るのをやめなかった。声が届いていたとしても、あいつは走るのをやめなかったと思う。グワーッと内から出る熱を止めることができなかったんだろう。なにかやってやる、そんな気持ちを、止めることができなかったんだろう。そんな勢いは、誰にも止められない。

 

バサラを追いかけた僕の足は遅くて、バサラには追いつかなかった。それに少し寂しさを感じたけど、これからバサラとNOZOKI部が進む道に期待を抱いた。胸が踊った。走って心拍数が上がっただけかもしれないけど。

 

 

あの日打ち上げた花火のメッセージ。

「俺たちの魂」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

「STOP少子化」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

あの日打ち上げた花火の元ネタを、

僕たちはもう忘れてしまった。

 

 

それでも、

 

誰よりも尖っていて

勢いがあった日々のことを、

あの日、走った時の感情を、

 

今でも鮮明に覚えている。

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

f:id:usk_B:20181103102419j:image

 

f:id:usk_B:20181103102423j:image

 

f:id:usk_B:20181103102431j:image

 

f:id:usk_B:20181103102441j:image

 

f:id:usk_B:20181103102455j:image

 

f:id:usk_B:20181103102437j:image

 

研究室で作った映画泥棒マスク。それを被る僕。現代視覚文化研究会の展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、いったん、僕らの話、最終回です。次は「僕と僕らの話」「僕の話」というものを書きたいと思っています。ではまた。

 

 

 

大雨の中で地元帰ろうとしたら、見知らぬ地に来てしまった話。

学生時代のはなし。

 

昔のはなしを思い出したんだけど、高専生の頃に、大雨と雷が尋常じゃない日があって、長野高専の敷地が一部浸水した日があったんだ。その日は帰省する予定で、三才駅に行った。駅には電車が来なくて、足止めをくらった人でいっぱい。大泣きしている女子高生までいた。


んで、やっと来た電車に乗ったら、上越方面じゃなく、変なとこへ行く電車だった。気づいて降りたときには、もう夜。真っ暗。しかも無人駅。なす術がない俺は、歩くしかなかった。街灯の光がさすほうに向かって…


歩いた先には、ガソリンスタンドがあった。というかそれ以外の建物なんて無かった。ここで雨宿りして、親に車で迎えにきてもらおうと考えた俺は、店内へ。中には女性店員が一人。事情を伝えると、好きなだけいていいという言葉と、温かいコーヒーを差し出してくれた。コーヒーを飲みつつ、漫画のホットマンを読んで過ごした。3時間したかしないかで親が迎えにきた。


ガソスタから地元に帰る頃には、22時。その間まで店を閉めずに店内で俺を休ませてくれたのって、めちゃすごいことだと思う。店員さん優しかった。

 

久々に、この日のこと思い出した。大雨で地元帰ろうとしたら、見知らぬ地に来てしまった話、おわり。