イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

コンタクト落とし男

先日、眼科にいった。コンタクトをつけるようになってから初めての定期健診だ。その時の話。

 

スタッフさん「あれ、今日コンタクトつけてこなかったんですか?」

 

僕「えっ」

 

スタッフさん「えっ」

 

コンタクトの検診だったのに、コンタクトをつけてこなかった。あー コンタクトが必要だったのか。裸眼の調子を見るわけじゃないのね。

 

スタッフさんは、僕が前にきたときに処方してくれたのと同じコンタクトを差し出してくれた。

 

想定外な展開が苦手な僕。差し出されたコンタクトを右目にうまくつけることができず、落としてしまった。

 

僕「すみません…落としちゃいました。」

 

しょうがねぇな みたいな顔をしたスタッフさんは、新しいコンタクトの右目用をくれた。

 

想定外な展開が苦手な僕(ほんとに)、差し出されたコンタクトを右目にうまくつけることができず、また落としてしまった。

 

僕は2回目のおかわりをした。

スタッフさんは笑っていた。

君の笑顔が見れて良かった。

 

3度目の正直でコンタクトをつけるのに成功してから、視力検査をした。

 

…右目だけぼやける。なにかがおかしい。…もしや、右目のコンタクトが、また外れかかっているのでは…? 頼む、耐えてくれ、マイコンタクト…!! ※さっきスタッフさんから貰ったもの

 

コンタクトは儚く落ちていった。僕のジーンズの上に落ちたコンタクト。スタッフさんは、もう笑っていなかった。

 

スタッフさん「ふだんはちゃんと見れてるんですよね? コンタクトしてておかしいところはないですか?」

 

僕「…ソッスネ」

 

視力検査が切り上げられ、その後に院長的な人に見てもらうため、奥の待合室に通された。もうおかわりはせず、ジーンズの上に落ちたコンタクトを指でつまみ、トイレでつけることにした。

 

なぜコンタクトが落ちるのか考えた。僕は普段コンタクトの裏表の判断を、コンタクトに刻まれた数字が反転しているかしていないか目視して判別している。さっきコンタクトをおかわりしたときはその判別方法を省略した。だから裏表を逆にしてつけていたのだろう。

 

そして先ほど記載した方法で裏表をバッチリ判断し、コンタクトを右目に装着。今度はバッチリ落ちない。その後、院長的な人の検査も無事終わり、眼科を後にした。

 

あぁ、眼科のスタッフの間で、コンタクト落とし男みたいなアダ名がつけられていないといいなぁ。

 

 

 

めちゃどうでも良い雑記

今まで車買わないで生活してたんだけど、いろんな楽しみも経験も快適さも放棄してきたなと思って。でも飲み食いしたり自由にできたし、生活圏で友達がたくさんできたので、悪いことばかりではなかった。

 

いままで繋がってこれた人たちとさらに楽しいことをするのと、快適さを求めて、5月くらいまでには車買う。会社やめて東京いって勉強するのが至上でイケてると思ってたんだけど、今はそうは思わなくなった。だから金を車に使う。金はあるし自分の自由に使っていいはず。

 

といっても車第一主義ではないので、中古の軽自動車でいい。ミライースとかでも全然いい。車の良し悪しでマウントをとってくるような人はそもそも自分の中で友達でもなんでもない。

 

2019年は温泉にいって夜な夜ないちご100%を語るやつをやりたいし、もうこれを一緒にやりたい人も自分の中で決まっている。また誘うから、よろしくね。

 

上越にも頻繁に帰るぞ。

 

夜勤明けにぶらり散歩した話。

僕は月の半分くらいは夜勤をしている。

 

夜勤の休憩中は、仕事が終わったらどう過ごすかを考えるのが、僕の習慣である。昨日は、仕事終わったら速攻で銭湯にいって仮眠をとり、仮眠を終えたら夜に駅前に繰り出そう。そんなことを企てた。

 

そして、いつもながらに仕事を終え外に出て、さぁてとりあえずコンビニでご飯買おうかな〜と思って会社を出たところ、日差しが強いことに気づいた。空を見上げると真っ青。ものすっごく外が晴れていたのだ。

 

そこで夜勤中に企てた計画は捨て、散歩をすることにした。考えるよりも先に、身体が散歩をしたいという感じで動き出した。足がどんどん進む。善光寺まで行こうかなとも考えていたが、歩くうちにもっと散歩を楽しみたいと思い、まっすぐ善光寺にいくのではなく、だいぶ遠回りしながら善光寺に行くことにした。

 

この選択は正解だったようだ。行ったことのないパン屋さん、営業の準備を始める八百屋さんなど、街で暮らす人たちの生活を、普段通らない道を通ることで見ることができた。僕がいる会社は駅前であり、ビルが立ち並び、人の生活を感じられないような街並みが続いているので、こういった景色が目新しい。

 

気ままに歩きながら、善光寺方面に足を運ぶ。

街にある面白みのある看板を発見するのが趣味である僕は、今回も素敵な看板を見つけてしまった。

 

・ラーメン屋みたいな名前の理髪店「大盛軒」

・その近くにあった強そうな名前の店「龍 スナック」 

 

こんな看板が目に入り、ひとりニヤニヤする。

ニヤニヤしながら看板をまじまじみている僕のそばに、サングラスをかけハットをかぶったイカしたお爺さんが、パイプを口に入れ佇んでいた。

 

そしてお爺さんは僕に声をかけてきた。

 

お爺さん「この匂い、臭うかな?」

 

咄嗟のセリフに驚く僕。鼻をひくひくと動かすと、なんだか甘い匂いが、かすかにした。それほど嫌な匂いではない。

 

「いやー そんな臭いませんよ」

 

お爺さん「そっかー いやー女の子は、この匂い好きって言ってくるのよ。バニラの匂いなんだよね。女の子ウケがいいんだよ」

 

「なるほど なるほど」

 

お爺さん「ありがとね 話してくれて」 ←謎

 

「いえいえ、それでは」

 

 

よくわからないが、とりあえずお爺さんの性欲は衰えていないことだけはわかった。そしてさらに足を進める。そして善光寺にたどり着いた。

 

帰ろうかとも思い腕時計を見ると11時。ハッとした僕は近くにある古本屋「大福屋」に足を運ぶことにした。この店は11時から豚カツ屋になるのだ。※よくわからない人は各自調べてみてほしい。

twitter.com

 

 

大福屋には何回か足を運んでいるが、休日になかなか善光寺まで足を運ばない僕にとって、この時間に善光寺付近にいることはレアなことだ。そして前々から、ここのカツを食べてみたかった。

 

大福屋に入ると店主の望月さんがいた。「お久しぶりです。今日はカツ食べに来たんですよ。前から食べてみたくて。」そんな言葉が自分の口から自然に出て来た。

 

2階にあがり、僕はチキンカツ定食を注文した(豚カツやないんかーい という突っ込みはナシにしてほしい、体重がやばいので、せめてもの、なんかアレなのだ。そしてチキンカツも本当に食べたかった)。

 

待っている間、お茶をいただき、店内に置いてあった「ちびまる子ちゃん」を読む。まったりと過ごした。

 

「お待たせしました」という言葉とともに、チキンカツ定食が運ばれて来た。とても美味しかった。ザクザクとした衣というよりか、いい意味でほんのりザクっと、そしてしっとりとした感じのあるチキンカツ。くせになりそうだ。ご飯も味噌汁も美味しい。夏にNOZOKI部(学生時代の友人グループ名)の一員であるショッカーと大福屋に行ったとき、ショッカーが「すみません、おかわりいただいていいっすか…」と言ったことを思い出した。今度は彼にカツも食べてもらいたい。

 

食事と会計を済ますと、カツを揚げる高野さんという男性の方が

「ありがとうございました。よい1日をお過ごしください。」

という言葉をかけてくれた。素敵な言葉に嬉しくなり、僕は夜勤でもうじき家に帰って寝るのだが、なんだか心が暖かくなり元気が湧いた。おいしいカツのおかげもあるのだろう。

 

帰りはバスに乗り駅前へ。途中で西友で買い物をしようと駅の一個前のバス停で降りた。うっかりしていた。もう西友は閉店していた。そしてブックオフで目についた本を500円分くらい購入し、駅近くの駐輪場で自転車に乗り、自宅へ帰ろうと思ったところ、会社の先輩と遭遇した。

 

「…おぅ、なにしてんの?」

時計を見ると12時50分頃、会社の昼休みが終わる時間だった。

 

「夜勤終わって、善光寺までぶらぶら散歩して、帰ってきたとこです。なんだか充実してました。いやーよかった。」

そんな言葉が口からでた。

 

先輩は何がなんだかわからなそうな、善光寺まで散歩して何が楽しいんだという顔をしていたが、僕は楽しかったのだ。楽しい気分のまま、自宅へ自転車で帰り、ベットへダイブ。そして夜の0時くらいに目が覚め、そして今に至る AM8:00。

 

ワクテカナガノとはなんなのか

 

長野には今やたくさんのWEBメディアがあります。その括りにワクテカナガノは属していません。メディアを運営しているつもりはなく、そういった土俵に立とうは思っていません。ワクテカナガノを例えるなら、掲示です。町内や学校の中にある掲示板。誰でも(今のところは自分の知人だけですが)情報を自由に掲載できます。僕に声をかけていただければ。

 

ワクテカナガノは、自分がやっている活動の周知、ワクワクするような情報の発信の場として、使うことができます。みんなが見える場所に、複数人が情報を掲載できる場所です。

 

僕はこのワクテカナガノを「情報発信活動をしている」というように言いたくありません。僕がやったことは、みんなが使える掲示板を、インターネット上に作っただけです。利益を求めたり、何らかの目的を果たすために頑張って活動をしている訳ではありません。なんとなーく、掲示板をつくっただけです。

 

この場所を使ってくれる、自分の周りの人が、もう少し増えてくれたら嬉しいな とは思っています。そして「あんな場所に掲示板あるらしいぜ!! オラ、ワクテカすっぞ!!」って周りの数人に知らせてくれたら、この場所を作った甲斐があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか読み返してみたら、掲示板の話してんのかオメェはって感じの文章になってしまったんだけど、FBページの話です。よろしくおねがいします。

 

管理者権限あげます。

 f:id:usk_B:20181121141139j:image

 

自分が管理者やめるわけではないですが、ワクテカナガノのFBページを活用してみたい方がいたら、管理者権限をあげます。自由に投稿して良いので。

 


対象者

・長野にいる

・FB上で自分の友達である

 


用途

・個人の活動の周知 (例:創作活動、イベント、ブログ公開など、活動の周知を行う)

・なんか発信したい

 


理念

特になし。(自分が)ワクテカしたい&(誰かを)ワクテカさせたいという気持ちがあればOK

 


長野でなんかやってる人、やってるけど発表の場が少ないと感じている人を、僕は応援したいです。メッセンジャーでメッセージください。

 

「こんな使い方したいけどいいの?」という相談にも乗ります。

 

ワクテカナガノ・わたなべ