イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

ぼくと視力検査と眼科の話。

視力検査が苦手だ。

あっているか、あっていないか、微妙なとき。

あれってみんなどう回答しているんだろう。

 

たとえば、上に穴があいていると100%の自信を持っているとしたら、自分は「うえ!!!!」とハッキリ言えるのだが。右だったら、「みぎ!!!!」っていうし。食い気味に。

 

視力検査は、上の方がCの字が大きくて。下の方が小さい。下にいくにつれて、自分の判断があっているか自信がもてなくなる。だから、「うえ……??」とか「みぎ……?」とか、語尾のトーンをあげて、自信なさげに言うしかない。みんな本当にどういう気持ちで視力検査に取り組んでいるんだろう。

 

適当に答えても、4分の1の確率で正解をだしてしまう。メガネをかけたり、コンタクトをして検査を受ける時は、真の自分の力を出している気がしない。色々な疑問や不満や感情が、視力検査中に渦巻いてしまう。

 

ちょっと違うかんじの検査では、「赤と緑の色、どっちが濃いですか?」って聞かれる検査がある。あれも苦手だ。大抵は、どっちも同じ濃さに感じてしまう。仮にどっちかの色が濃く見えたとしても、それは、自分にとって片方の色が濃い という印象を受けただけだ。

 

本当にどっちが濃いかなんてわからない。

あれって正解あるの?ないの?

 

なんて答えればいいのか、わからんし、どっちが濃いかわからん。ぼくは、だいたいのことが、よくわかっていない。だから自分は、「緑の方が…濃いような…印象を受けます」みたいに答えてしまうのだ。とても優柔不断で曖昧な自分を良く表していると思う。

 

視力検査は苦手だが、眼科は嫌いではない。むしろ好きだ。女性スタッフが、顔に触れたりする時の非日常感が、通常味わえない感情や体験を味わえるのが、とても不思議で面白い。だから眼科が好きだ。

 

なにも性的興奮を覚えるわけではない。僕は変態ではない。

僕は変態ではない(大事なことなので復唱)。

 

考えてみてほしい。日常生活で初めて会った異性に身体の一部を触れられることなんて、他になくないか?あるといえば、レジでお釣りを渡されるときくらいか。あれは二人の間にレジカウンターという物理的境界があるから、なんか違う。日常生活の中で買い物は必要不可欠だし。買い物は日常、レジでの釣り銭渡しは日常の一部。眼科は非日常。そんなに行かないから。女性スタッフにメガネをかけてもらう、はずしてもらう。顔に触れられる。その時、僕は「おっふ」と感じるのだ。

 

視力検査は苦手だが、眼科は好きだ。おそらく半年くらい先になるだろうが、非日常的な感覚と、「おっふ」と感じられる日を、楽しみにしている。

くそみたいな日記

明日は会社の健康診断。健康診断は嫌いだ。なぜか。前日に酒がのめない、朝ごはん食べれない などといったことが、自分にとっては嫌なのだ。

 

中でも、自分が最も嫌なこと。

それは、

検便である。

 

あれなんなん。する方も、見る方も、嫌に決まってんだろ。誰にメリットあるんだアレ。悲しみが連鎖していくだけだ。そんで、めちゃくちゃ嫌なのが、「採便は3日以内」「2日分」ということだ。最悪すぎる。条件きついオブザきつい。

 

健康診断の日は朝食抜き。その日は採便できないと思われるため、僕は今日残り1日分を採便するしかなかった。前日、僕はスケジュール帳に「9日12時30分 うんこ」と記載した(僕はスーツを着て会社で働く会社員である)。

 

朝は、ほうれん草とわかめ入りの味噌汁、昼はサブウェイに行くことで、食物繊維的なものを身体に取り込み、抜群のコンディションで12時30分を迎えた。

 

そして会社のトイレの個室へ。採便キットに付属された、ナガセールという紙を、トイレに投下する。ナガセールは水に1分浸さなければならない。トイレの個室で便器の中に浸したナガセールをじっと見つめるという、謎の1分間を僕は過ごした。

 

ベルトを外し、ズボンを下ろし、着座する。

「さっさと終わらせるぜ」

そのようなセリフを心の中で言った束の間、脳に電撃が走った。

 

「おしっこがしたい」

 

できるのか? いや、駄目だろう。もし、ここでおしっこをして、ナガセールがアンモニアと化学反応を起こして、溶けてしまったとしたら。採便ができなくなってしまう。

 

別のアプローチを試みよう。便の排出をする間、おしっこを我慢する。事が終わったら、おしっこをすればいい。よし、それだ。

 

「ミッションスタートだ」

そのようなセリフを心の中で言い、ミッションを開始するも、なかなか遂行できない。今日わかったことだが、便の排出をする間、おしっこを我慢するというのは、不可能なのだ。チャレンジしたけど無理だった。会社のトイレの個室で、僕は世界の片鱗に触れてしまった。

 

もう、いたしかたない。個室を出て、小便器でおしっこを済ませ、その後に個室に行くしかない。でも、外に人がいたとしたら?個室から急に出てきて、小便器でおしっこを済ませ、また個室に戻る。見られたら、変人確定だ。過激派だ。革命軍の将軍になってしまう。

 

「ヒリヒリさせやがるぜ…」

と心の中で僕は呟き、個室で外の様子を扉越しにうかがった。人の気配がした。足音がした。今はまだ行動を起こすべきではない。

.

.

.

 

50秒ほどたっただろうか。

人の気配が消えた気がした。

今だ。やるしかない。

高速で動く。動いてみせる。

 

僕はベルトをせず、スラックスを手で抑える形で外にでようとした。いちいちベルトを締めて外してをやっていると、もたついて、その間に人がやってきてしまうと思ったから。

 

.

.

.

 

「いくぜ!! オラァァァァ!!」

扉に手をかけ、個室から、いざ小便器へ。

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

そこには、鏡の前で髪の毛を整える先輩社員がいた。

そこに「いない」と思っていた人が、「いた」のだ。

めちゃくちゃびっくりした。

 

驚きのあまり、スラックスを支えていた手が緩んだ。

スラックスはトイレの地面へパサリと落ちた。

 

.

.

.

 

あぁ まるだしだ。

 

僕は、明日から。

変人で、過激派で、革命軍の大将軍だ。

 

PS:採便はちゃんとできました。明日しっかり提出します。明日の健康診断ちゃんと起きて行ってくるね。

 

 

 

 

「ヒーローナイト」ってイベントやるぜ

f:id:usk_B:20190809005542j:image

 

要参加予約。ツィッターからイベントを知った方は、僕にDMください。

 

とりあえず、興味がある方は、僕のツィッターアカウントの「フォロー」をポチっとお願いします(今後の情報を受け取ることができます)。

 

集合場所は参加者のみにお伝えします。
長野駅前周辺のどこかです。

 

★企画趣旨
ヒーロー好きな人同士が繋がる機会をつくる。ヒーローの話をして、楽しく飲み食いする、ヒーローに関するボードゲームをやる。ありがとう平成ライダー(終わっちゃいますね)。

 

★イベント内容について

< 8/24 17:30頃 >
某所集合、そこから某所(店)へ移動。
のみくい(おいしいとこで)やる。
 ↑参加者のみにお知らせします。

 

ひとりひとつ、「推しヒーロー作品」および「キャラクター」を語っていただきます。ほか、話題を複数用意していきます。時間があまるはずなので、その際は話題を出していただけると助かります。会計は割り勘となりますが、飲まない人へ配慮したかんじの割り勘にしたいと思います。

 

< 8/24 20:00頃 >
ボードゲームカフェへいく
※有志のみ
 ↑参加者のみに(ry

 

この時点で参加者が3人以上いたら、「東京サイドキック」という、ヒーローが活躍するボードゲームをやりたい と考えています。これなんですけど、僕ルールうろ覚えなんで、僕も思い出しながらやります。すみません。

 

= = = = = = = = = = = = = =

主催者情報


好きなヒーロー:仮面ライダーエグゼイド

 

平成仮面ライダーとSSSS.GRIDMAN が大好きです。戦隊者は近年だとキョウリュウジャートッキュウジャーゴーカイジャーあたりは観ていました。ウルトラマンジードを観た(途中まで)。後はマックス。ティガ、ダイナ、ガイアも観てたはず(覚えていない)。竹内涼真くんがすこ。新条アカネちゃんhshs

 

新海誠監督に会ったよ

天気の子 舞台挨拶つき上映

いってきた。

f:id:usk_B:20190802224846j:image

 

 

 

 

 

新海誠監督 を生で見て

話を聞いて思ったこと
1.謙虚
2.知的
3.物腰やわらか

 

相当考えている 設定とか。キャラの名前も、細かい背景描写までも。緻密すぎる。

 

監督は野沢北高出身。「小海線が好き。」「東京にいくにあたり、故郷の風景を記憶に残そうとした。」と言っていた。身の回りのものに気持ちを向けてそれに愛着を感じる心のある人だと思った。

 

監督の父親は土木業。その設定が前作「君の名は」のテッシーに活かされているとのこと。前作でテッシーに一番近いのは自身だと監督は言っていた。

 

10代の頃に感じた閉塞感や感情をいま呼び起こしシナリオや台詞に落とし込める表現力が本当に感心させられる。

 

監督に質問タイムがあったけど、僕は陰キャの男だし、全然全然、言の葉を口から出すことができませんでした。ぼくのこえは心の中に秒速でしまいこみましたが、あえてまた質問できるとしたら、質問じゃないけど、「最高のエンターテイメントをありがとうございます」って言いたい。

 

f:id:usk_B:20190802224902j:image

 

f:id:usk_B:20190802224846j:image

 

f:id:usk_B:20190802225016j:image

 

f:id:usk_B:20190802225127j:image