イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

学生時代につくったゲームのはなし。

学生時代、18か19の頃の話。

 

オリジナルのゲームを作れというレポート課題が出された。その課題について、自分はSランクという最高のランクを取ることができた。

ゲームのタイトルは「I wantyu cheese!!」 というものだ。これはマインスイーパの応用版みたいなものだ。正方形8×8のマスの左下に主人公の<ネズミ>がいて、周りはブロックで囲まれている。スペースキーを押すと、主人公の目の前のブロックを壊せる。壊したところを主人公が進めて、正方形の右上にあるゴールを目指すというものだ。主人公のネズミにちなみ、ゴールには<チーズ>。爆弾の代わりに<ネコ>を潜めた。

イデアで絶対いけると思った。確信しかなかった。このゲームを作るにいたった理由は、マインスイーパーの実装方法はネットをみれば落ちており、それをちょっと変えて自分のプログラムに流用できるだろうと思ったから(クズじゃないよ無駄な工程を省いているから賢いんだよ)。そんなところまで考えて、課題に取り組んだ。

東方みたいな弾幕シューティングゲームをつくった友人はAランク。完全に自分の計算とセンスが上回った。自分はSランクだったのだから。

テクも技術もないけど、アイデアがあれば、実力者も上回れる。という話。

 

P.S
実は本当の評価はSマイナスでした(Sの一個下)。
理由は説明書を添付し忘れた。