イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

くそみたいな日記

明日は会社の健康診断。健康診断は嫌いだ。なぜか。前日に酒がのめない、朝ごはん食べれない などといったことが、自分にとっては嫌なのだ。

 

中でも、自分が最も嫌なこと。

それは、

検便である。

 

あれなんなん。する方も、見る方も、嫌に決まってんだろ。誰にメリットあるんだアレ。悲しみが連鎖していくだけだ。そんで、めちゃくちゃ嫌なのが、「採便は3日以内」「2日分」ということだ。最悪すぎる。条件きついオブザきつい。

 

健康診断の日は朝食抜き。その日は採便できないと思われるため、僕は今日残り1日分を採便するしかなかった。前日、僕はスケジュール帳に「9日12時30分 うんこ」と記載した(僕はスーツを着て会社で働く会社員である)。

 

朝は、ほうれん草とわかめ入りの味噌汁、昼はサブウェイに行くことで、食物繊維的なものを身体に取り込み、抜群のコンディションで12時30分を迎えた。

 

そして会社のトイレの個室へ。採便キットに付属された、ナガセールという紙を、トイレに投下する。ナガセールは水に1分浸さなければならない。トイレの個室で便器の中に浸したナガセールをじっと見つめるという、謎の1分間を僕は過ごした。

 

ベルトを外し、ズボンを下ろし、着座する。

「さっさと終わらせるぜ」

そのようなセリフを心の中で言った束の間、脳に電撃が走った。

 

「おしっこがしたい」

 

できるのか? いや、駄目だろう。もし、ここでおしっこをして、ナガセールがアンモニアと化学反応を起こして、溶けてしまったとしたら。採便ができなくなってしまう。

 

別のアプローチを試みよう。便の排出をする間、おしっこを我慢する。事が終わったら、おしっこをすればいい。よし、それだ。

 

「ミッションスタートだ」

そのようなセリフを心の中で言い、ミッションを開始するも、なかなか遂行できない。今日わかったことだが、便の排出をする間、おしっこを我慢するというのは、不可能なのだ。チャレンジしたけど無理だった。会社のトイレの個室で、僕は世界の片鱗に触れてしまった。

 

もう、いたしかたない。個室を出て、小便器でおしっこを済ませ、その後に個室に行くしかない。でも、外に人がいたとしたら?個室から急に出てきて、小便器でおしっこを済ませ、また個室に戻る。見られたら、変人確定だ。過激派だ。革命軍の将軍になってしまう。

 

「ヒリヒリさせやがるぜ…」

と心の中で僕は呟き、個室で外の様子を扉越しにうかがった。人の気配がした。足音がした。今はまだ行動を起こすべきではない。

.

.

.

 

50秒ほどたっただろうか。

人の気配が消えた気がした。

今だ。やるしかない。

高速で動く。動いてみせる。

 

僕はベルトをせず、スラックスを手で抑える形で外にでようとした。いちいちベルトを締めて外してをやっていると、もたついて、その間に人がやってきてしまうと思ったから。

 

.

.

.

 

「いくぜ!! オラァァァァ!!」

扉に手をかけ、個室から、いざ小便器へ。

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

そこには、鏡の前で髪の毛を整える先輩社員がいた。

そこに「いない」と思っていた人が、「いた」のだ。

めちゃくちゃびっくりした。

 

驚きのあまり、スラックスを支えていた手が緩んだ。

スラックスはトイレの地面へパサリと落ちた。

 

.

.

.

 

あぁ まるだしだ。

 

僕は、明日から。

変人で、過激派で、革命軍の大将軍だ。

 

PS:採便はちゃんとできました。明日しっかり提出します。明日の健康診断ちゃんと起きて行ってくるね。