イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

僕らの話 その7

f:id:usk_B:20181103100914j:image

 

僕らのいた学校は10月に学園祭がある。学校は工業系のほぼ大学みたいなもの(隠す必要がないので言うと高専)で、スケールのでかい企画や制作物を体験できるのが学園祭である。スケールのでかさと学生のイキイキした姿に惹かれ、自分は高専を進路にしたようなものだ。

 


そして我々NOZOKI部も、一年生の秋、学園祭でスケールのでかいことをした。学園祭で1発の打ち上げ花火を上げたのだ。今回の話は、我々が打ち上げた花火と学園祭にまつわる話である。

 


「なぁ、俺らで金だして、花火をあげてみないか?」寮の食堂で飯をともにしていたバサラが口にした。

 


「どうせなら面白いメッセージを添えようぜ!」七味とマヨネーズが大量にかかっている白飯をかきこみながら、デュエルが提案をした。

 


僕らはみんな賛成し、学園祭最終日に、花火をあげることになった。

 


学園祭のフィナーレは、敷地内のグラウンドで花火があがり、松本ぼんぼんを学生全員で踊って、〆という流れである。花火は有志が資金を出し合って打ち上げるもので、メッセージを事前に学園祭実行委員に提出すると、アナウンス係のおねーさんが読んでくれることになっている。これに応募することにした。

 


飯を食べながら、メッセージをみんなで考え、学園祭実行委員に提出した。はじめに提出したメッセージは、いまとなっては、本当に全く思いだせないけど、とんでもないドシモネタだった。

 


後日、学園祭実行委員会から返答がきた。

「こういったメッセージは、おやめください」というものだった。

 


「チッ 頭のかてー奴らだぜ」コーラが舌を打った。

 


仕方なく、我々は、シモネタのシモ度を下げたメッセージを提出した。

 


学園祭実行委員会は、それでも却下してきた。「こういった卑猥なメッセージは読み上げかねます。」という返事と共に。やんわりと最初は断ってきたけど、今度は、シモネタはやめろ とストレートに言ってきたのだ。

 


「社会性のあるメッセージにしないか?」とミリオンが提案してきた。しかし、それでは、意味がないのだ。我々の魂を学生全員に見せつけたい。インパクトを与えたい。とはいえ採用されなければどうしようもないため、ミリオンの提案も若干踏まえつつ、我々はメッセージを考え直し、学園祭実行委員会に提出した。

 


後日、、

メッセージがやっと採用された。

 


それ以降は、クラス展示の準備に励んだり、部活動の出し物の準備をしたり、NOZOKI部メンバーが各自それぞれの過ごし方をして、時間が過ぎていった。

 


そして、いよいよ学園祭のフィナーレ、学園祭最終日。夜の18時を過ぎた。寮でいつものように食事をしていると、わりと近くにあるグランドから、アナウンスのお姉さんがなにやら喋っている声が、スピーカーを通して聞こえてきた。

 


デュエル「やべぇ‼︎ 花火はじまっちまうぞ!」

バサラ「いくぜ!俺らの見せ場だ‼︎」

 


急いで飯をかきこみ、グラウンドへダッシュ

走りながら、バサラが口にした。

 

 


「俺たちの… 魂を 見せつけてやるッ‼︎」

 

 


花火をあげる有志の、ほぼ100パーセントは、クラス全員での思い出づくりとして、お金を出し合って花火を打ち上げる。卒業を控えた5年生や、専攻科生が中心だ。ハンパなく豪勢に何発も打ち上げる。バイト代 × クラスの人数 × 団結力 のパワー(財力)がある。

 


しかし僕らは違う。僅かな小遣いを出し合い、自分達の満足のためだけに、一発の花火を学生全員の前で打ち上げるのだ。学生全員に何の意味もなく、自分たちだけに意味がある花火を。こんなに尖りまくった集団が他にあるだろうか。

 


尖りまくってて最高だなと思いながら、ダッシュして、グラウンドに到着した。たくさんの人たちがいた。学園祭最終日ということもあり、集っている人たちは皆、気分が高まっているようだった。

 


そして、いよいよ花火が始まった。

「学園祭お疲れ様!うぇい‼︎」

「卒業まで、あと少し、よろしく!」

みたいなメッセージの後に、何発もの花火が夜空に打ち上げられた。

 

そして、いよいよNOZOKI部の出番。

アナウンス係のおねーさんが僕らの名を読み上げる。

おねーさん「続いての花火は、NOZOKI部です」

僕ら「くるぞッ…ナレーション…!!」

 

 

 『 俺たちの 魂 を見てくれ!! 』

『 STOP!! 少子化!! 』

 

 

 

さんざん再提出を食らわされたナレーションが響く。その後に夜空へ打ち上げられた一発の花火。花火は儚く散っていった。

 

グラウンドに集っている学生は「え…今のなに…」「NOZOKI部ってなんだ…」といった感じで、 少しざわついているように見えた。当然の反応だ。だが、これで良かった。僕らの自己満足を学生全員に示すことができた。

 

その後、他の団体の花火が華やかに夜空を彩り、花火の後は、学生全員でグラウンド中央の櫓を囲い、松本ぼんぼんを踊った。

 

ひとしきり踊った後、「学園祭はこれにて終了となります。」「おつかれさまでした。」アナウンスのお姉さんがそう話し、学園祭は幕を閉じた。

 

 

僕 「いやー 花火よかったな。」

バサラ 「…….。」

デュエル 「おい、どうした?」

 

 

バサラ

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

 

バサラは走った。すごい勢いでグラウンドから出ていった。

 

一同「おいまてよ!!」

 

バサラは大声で叫び、勢いをつけながら校門を飛び出していった。そして何にもない一本道を全速力で走って行った。僕らは必死でバサラを追いかけていったが、バサラの姿はどんどん見えなくなっていった。それほどの勢いで駆け抜けていったのだ。

 

「バサラ!! おい!! どこいくんだよ!!」

声が届いたか、届いていないのか。バサラは走るのをやめなかった。声が届いていたとしても、あいつは走るのをやめなかったと思う。グワーッと内から出る熱を止めることができなかったんだろう。なにかやってやる、そんな気持ちを、止めることができなかったんだろう。そんな勢いは、誰にも止められない。

 

バサラを追いかけた僕の足は遅くて、バサラには追いつかなかった。それに少し寂しさを感じたけど、これからバサラとNOZOKI部が進む道に期待を抱いた。胸が踊った。走って心拍数が上がっただけかもしれないけど。

 

 

あの日打ち上げた花火のメッセージ。

「俺たちの魂」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

「STOP少子化」は、もともとどんなメッセージだったんだろう。

あの日打ち上げた花火の元ネタを、

僕たちはもう忘れてしまった。

 

 

それでも、

 

誰よりも尖っていて

勢いがあった日々のことを、

あの日、走った時の感情を、

 

今でも鮮明に覚えている。

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

f:id:usk_B:20181103102419j:image

 

f:id:usk_B:20181103102423j:image

 

f:id:usk_B:20181103102431j:image

 

f:id:usk_B:20181103102441j:image

 

f:id:usk_B:20181103102455j:image

 

f:id:usk_B:20181103102437j:image

 

研究室で作った映画泥棒マスク。それを被る僕。現代視覚文化研究会の展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、いったん、僕らの話、最終回です。次は「僕と僕らの話」「僕の話」というものを書きたいと思っています。ではまた。