イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

僕らの話 その4

f:id:usk_B:20180920205942j:image

 

今までのあらすじ

バトロワを観ながら寮の食堂でパーティー

②見回りの先生に見つかる

③後日、バサラが寮務主事から注意を受ける

RPGを作ることになる

 

あらすじでまとめるのは難しいので、

経緯については3話目を参照してほしい。

僕らの話 その3 - イェェモン

 

小説チックに書いてますが、実話です。

では本編スタートです。

 

※補足

現実の僕らのセリフは「」で表記。

ゲームキャラクターのセリフは『』で表記。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NOZOKI部でRPGを作った。制作過程については省略。

ゲームが完成したら、バトロワ鑑賞パーティーに参加していなかったNOZOKI部のミリオンに、プレイさせることにした。バサラの部屋にミリオンを呼び出し、PCの前に座らせた。

 

ミリオン「ゲーマーの俺ならクリアなんて余裕だぜ」

バサラ「まぁ、やってみろって。」

 

 

ミリオン「…なんだこれはwww」

タイトルは、NOZOKI部の逆襲 である。

 

ゲームが始まると、ある部屋に男性キャラクターが1人表示されている。寮務主事(の名前をもじったキャラ)である。男性の部屋には机があり、そこには紙が置かれている。男性キャラクターは、『なにこれ…?』と言って、紙を読み始めた。

 

 

===============

決闘状

我々は退寮という圧力に屈しない!!

決闘を申し込む!! 放課後、屋上に来いヤァ!!

 

by NOZOKI部

===============

 

この紙が画面にいっぱいに表示される。白い紙に赤い文字で書いてあるし、血しぶきみたいなのが付いている。この画像はイチから皆で作成した。

 

男性キャラ『なに…これ?』

 

現実世界のミリオンは、こう口にした。 

ミリオン読み始める前にも後にも、なにこれって言ってるじゃねーかwww」

 

舞台をゲームの中に戻す。

男性キャラは校舎の屋上に呼び出された。ここまで書いていなかったが、戦闘部分以外は自動でゲームが進む仕様になっている。そして読んでいる人もお気づきだろうが、NOZOKI部ではなく、男性キャラの視点で物語が進む。

 

屋上に待っていたのは、バサラデュエルコーラである。

 

男性キャラ『君たちを退寮にするぞ』

デュエル『うっせぇ 黙れ!! お前の母ちゃん、ベム、ベラ、ベロ!!』

『え…俺、謝りたいんだけど』

コーラ『偽善者ぶってんじゃねーぞ、そんなことより、しゃーぶしゃぶしようぜ』

バサラ『しゃーぶしゃぶ!! しゃーぶしゃーぶ!!』

一同『しゃーぶしゃぶ!! しゃーーーぶしゃぶ!!

 

その後、すぐに戦闘が始まる。あと、言い忘れていたが、僕らのセリフはフルボイスとなっている。

 

戦闘が始まると、視点が切り替わり、僕ら4人をプレイヤーは操作(コマンド選択)することになる。そして男性キャラが敵となる。敵のグラフィックはRPGツクールで用意されていた魔王である。

 

バサラは リストカット という必殺技が使える。使用すると『きゃぽぉぉぉー!!』というセリフを発する。そして、MPが回復するのだ。

しかし、バサラは魔法を覚えていない。

 

僕は弓矢で相手を攻撃できる。当時、弓道部に入っていたからである。デュエルは何の技を使えたか思い出せない。コーラは水の魔法を使って攻撃できる。バサラの必殺技がこいつに適用できる仕様だったら良かったのに(できない)。

 

敵の魔王は、僕ら4人を眠り状態にする魔法であったり、全体攻撃が使えたりする。技がヒットすると即死級のダメージを食らわされる。そして、一番やばいのが必殺技<退寮勧告>である。

 

退寮勧告を放つ時にCVが流れる。

魔王『加点!! 加点!! 加点ンンウゥゥ!!!』

 

この技を食らうと、一撃で僕らは全員死ぬ。

ちなみに、魔王は30%の確率でこれを使う。

 

 

ミリオンは何回もプレイしたが、魔王を倒せない。それもそのはずだ。なぜなら魔王のHPはRPGツクールで設定できる上限値に設定してあるのだ。

 

ミリオン「無理ゲーじゃねーか!」

ミリオンのセリフが全てを語っている。このゲームは無理ゲーだ。だって100%クリアできないんだもの。クリアできたときのシナリオも実装していない。今の自分たちでは大人に勝てないということは理解していて、ゲームの中で都合よく勝てるようにするのは、なんか違うくないか?ということに、ゲーム制作中に気づいたのだ。現実世界でこれから色々なことを学んで、大人と対等になりたい とゲーム制作中に僕らは強く思った。

 

 

この記事に書いた15才の頃から10年ちかく経ったあと、大人になってからゲームをプレイしたことがある。当時の僕らは尖りまくっていて、イかれていた。でも僕らは僕らなりに、あがいたり、色々考えたりしていたんだろうな と思った。あと勢いがすごすぎた。

 

この記事を読んでいる人の困惑した顔が眼に浮かぶ。なぜなら、ミリオンもそんな顔をして、バサラの部屋を後にしたから。

 

なんならブログ書いた自分も、当時を振り返って、コイツらヤバいな って思っている。

 

おわり。