イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

僕らの話 その2

f:id:usk_B:20180917233416j:image

 
前回のあらすじ

寮生活開始から間もなくして、NOZOKI部という集団を結成。活動方針は寮生女子の姿を拝むことであったが、NOZOKIできない(女子部屋はカーテンを閉めきっている)ことが発覚。女子の姿を一度も拝むことなく、活動方針を変更。青春をとことん楽しみ、バカなことをやろうぜ!という集団になった。

 


いまから語るのは、僕らが今よりずいぶん尖っていた10代後半の青春物語である。

 

↓ 前回の記事 ↓

http://yellow-ukikey.hatenablog.com/entry/2018/09/16/161516

 

登場人物おさらい


僕→副部長

バサラ→部長。マクロス7が好き。

コーラ→バサラと同室の男

デュエル→勝負と博打が好物

ミリオン→僕とバサラと同じ学科。

 


ある日、みんなで映画を観ながらパーティーしようぜ ということになった。寮の自室は狭いし広々とやりたいということで、会場は寮の食堂に決定。近くのコンビニやドラッグストアでお菓子とジュースを大量に購入し、食堂の机にひろげ、PCをセッティング。宴の始まりである。


寮の食堂は全寮生が使う場所なので、とても広い。この広々とした空間をNOZOKI部で占有ことにワクワクした。


みんなで観たのは、藤原竜也主演のバトル・ロワイヤル。自分と同世代の登場人物が命がけで戦う様を観ながらお菓子パーティーをした我々は、デスノートの主人公、夜神月よりも狂気じみていた。


自分は正直グロテスクが得意ではなかったのだが、お菓子はうまいし、これはこれで皆でワイワイ楽しいなと 感じた。ミリオンは部活が忙しくて参加できなかったので、後でお菓子を差し入れることにした。

 


バトロワ上映中、柴崎コウは最高、あとみんなで今度アダルトなDVDを観ようという意見で4人が団結したところで、後ろから野太い声が聞こえた。

 


「おい、なにをやっとるんだ」

見回りの先生である。

 


バトロワ観ながら…」

「パーティーっすけど…」

あるがままを話す僕ら。

 


「いま食堂使っていい時間じゃないこと、分かってるんか。寮務主事に報告するぞ。」

先生が口にした。

 


「ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛あ゛あ゛!゛!゛!゛!゛」

PC画面の中の竜也が叫ぶ。

PCは閉じることにした。

 


尖っていても15才。

大人に勝てない僕ら。

宴を中止せざるをえなかった。

その先生のことは秋葉原にいそうだったので、アキバと呼ぶことにした。アキバに屈したNOZOKI部は、その夜は各自の部屋に帰った。

 


後日、バサラから召集がかかった。神妙な顔つきのバサラから語られるのは、果たして…

 


続く。

 

今日のおまけ

f:id:usk_B:20180917233552j:image

2016年年末、バサラの地元である諏訪へNOZOKI部みんなで行った時の写真。