イェェモン

イエモン、えぇもん、そのふたつについて。

【感想】映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

ロードムービー+宇宙。

 

 
今回のゲストキャラクターであるシリリは、周りより落ちこぼれで、父親の役にたつことを生き甲斐に何の疑いもなく生きてきた、しんのすけと同い年くらいの宇宙人。


シリリはしんのすけと出会い旅をする中で、違う価値観に触れて自分の価値観が変わり、自分の父に歯向かえるようになった。こういう成長を題材にした作品が自分は好きである。


物語の前半で野原一家を全員子供にさせたのは、子供だけで道を自ら切り拓けるということを描きたかったのかなーと感じた。


自分の子供は自分の言う通りにさせてきたシリリの父親。地球を良くしたいけど、大人がダメ、なら全員子供にする っていうのがシリリの父親の計画。そして野原一家は子供にさせる手段を破壊して、映画が終わった。敵の手段を破壊したのであって、倒したわけではない。ここからいえるのは、敵が言っていた社会問題全般は事実だし、大人の責任だ っていうことは映画の中では否定していない、むしろ認めている ということではないだろうか。


・現実には様々な社会問題がある

・それは大人の責任である

・子供は自ら成長し道を拓ける

・大人が子供に自分の考えを押し付けるのは間違いだ


っていう感じのことを製作陣は描きたかったのだと自分は感じた。

 

 


他に描写されていたのは、


・日本には美しい景色がたくさんある

・違う価値観の持ち主とも分かりあえる


というようなこと。

自分はしんのすけとシリリが2人で旅する中盤あたりの描写(風景)が綺麗すぎて涙でてきたなぁ。

 

 

 

【総括】

全体的に良かった。クレヨンしんちゃん25周年の映画で、親のありかた、子の成長 っていうテーマをやってくれたところが、個人的に嬉しかった。

 


わたなべ的シネマレビューおわり。